Members

免疫学者。癌生物学者。山本雅研-山梨裕司研-黒崎知博研-Klaus Rajewsky研出身。

正確なピペッティング操作と抜群のマウス(ねずみ)コントロールを武器にかつては大陸をまたぎ研究の腕を振るったが、近年は四十肩と視力・体力の衰えから現役続行も危ぶまれる。特技はマウスと仲良くなる事。よくコーヒーを飲んでいる。ニックネームは"Tomo"。

​教授

広島に来てもう十年以上。今年は平成から令和、自分にとっても一番変化があった年です。研究は頭と体力、両方を使う仕事なので、免疫力が落ちないよう、健康的な生活を送りたいです。

​助教

郭 芸

マレーシアの首都、クアラルンプル出身の Kongです。アレルギー・自己免疫疾患の研究を臨床コホートからスタートし、基礎免疫的な解析(特に自然リンパ球を中心に)を行なっています。

​助教

Kong Weng Sheng

九州大学医学部卒業/九州大学小児科在籍

学生時代は、飲む・打つ・買う 3拍子そろった才能を見せ、ドラフト1位でプロ入りしたが、1軍入りすることができず基礎研究室配属を命ぜられた。広島に来てから寂しさのせいか、教授室での毎日の個別Mtg(雑談)は欠かさない。現在、育成選手からの出直し中あるが、千賀に続くノーヒットノーランを目指し、日夜Vortexの上に手を置きピペッティングの練習中である。

​大学院生

​河原 隆浩

中国の広東省出身の黄です。免疫とがん治療に関心を持っています。リンパ腫細胞に対する免疫監視能力を有するT細胞の性状および機能について解析を行なっています。

​研究生

 世玉

​教室の皆様のサポートをさせていただきます。

​秘書

吉川 菜穂子

山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部薬学科生命科学 生体防御学分野教授

​炎症性免疫シグナルのレジェンドな先生です

​客員教授

篠原 久明

​寄生虫学のレジェンドな先生です

​客員准教授

井上 洋子

2019

Department of Immunology, Graduate School of Biomedical and Health Sciences, Hiroshima University